Timeline  Project

Rejection Limpet

ー Women Artists and History ー

WHY we start and do ?

「見たことのないものを見たい」

複数のカテゴリーで年表を一望したらきっと新しい発見があるはずだ。そんなアイデアがこのプロジェクトを誕生させました。私たちが制作している多視点を含んだタイムラインは、多くの先人・現代を生きる人々の知識が蓄積した「集合知」として存在します。その「集合知」を介することで、私たちは個人を越え、異なる時間・空間・そして他者と接続することができます。

「女性を含む言説の強化、そしてシブリングフッドへ。」

Timeline Projectは、ジェンダーの視点から美術史を見ることで、現代を生きる女性アーティストのさらなるエンパワーメントを目指しています。またそれを実現することで達成できると考えているのが、さまざまな分野の人々とのシブリングフッドの構築です。
先人達の軌跡を知ることは、現代を生きる私たちに勇気と知識を与え、今考えるべき問題点を提示してくれます。

「異なる立場同士、意見を共有・交換する場を作りたい。」

エンカウンター ( 出会い ) は、思いもかけない科学反応を引き起こすことがあります。
Timeline Projectは、それぞれ異なる立場や意見から「歴史」「年表」「ジェンダー」に関心を持つ人たちが集まるプラットホームとして、機能することを目指しているプロジェクトです。
背景は異なりながらもそこに共通する関心を見出した時、出来事は始まります。私たちはこの活動を通し、他者との間に差異と共通点を見出すことで、様々な議論・言説・実践を生み出す機会を作っていきたいと考えています。

WHAT is our next challenge ?

今後の予定(2020年3月8日現在)

 

年表作成の公開ワークショップ開催

過去に起こった事象・出来事について、ジェンダーの視点から話し合う機会を作る。

ゲストを招いて、勉強会を設ける。

WHAT is this  PROJECT ?

Timeline Projectは、美術史を中心に「女性アーティスト」と呼ばれる人々の活動を可視化する作業を行っています。その活動を多視点的*1 に捉えながら、従来のタイムライン制作とは異なる実験的な方法で “女性” を中心にしたタイムラインを作成する方法を探っています。

 

私たちのミッションは、過去の女性たちの活動を読み解くことで、現代を生きる私たちのシブリングフッド*2を構築することです。 

*1 WHAT is our approach? 参照

*2 シブリングフッドとは…シブリングとは、男女で分けない「きょうだい」を意味します。ウーマンリブ運動のなかで「シスターフッド」という言葉が女性の連帯を示す為に頻繁に使用されていましたが、Timeline Projectは女性だけの連帯ではなく、性別に関わらない連帯の構築を表す為に「シブリングフッド」を使用しています。

WHAT is Rejection Limpet ?

『Rejection Limpet』は『Timeline Project』のアナグラム(文字や単語を入れ替えて、新しい言葉を作る言葉遊び、もしくはそれによって出来た言葉。)です。“Limpet / カサ貝”はその特性から、「なにかにずっとしがみつくことや、その行為」または「権力的なものにしがみつく」ことの隠喩としても使われます。 私たちTimeline Projectは、このアナグラム『Rejection Limpet / カサ貝の拒否』を基に、プロジェクトのシンボルとしてカサ貝を選びました。

WHAT is our approach? 

Timeline Project は、女性アーティストの可視化作業を 2 通りの方法で試みています。

 

 

___________________________

既存の歴史情報を基に、以下の7つの項目を一つのタイムラインにまとめる。

 

・主な日本の女性アーティスト ( フェミニズムアート含む )

主な日本のフェミニズム思想・運動

主な日本の美術の通史

主な日本と世界の通史

主な世界の美術の通史

・主な世界のフェミニズム思想・運動

主な世界の女性アーティスト ( フェミニズムアート含む )

 

この方法は、今までの年表に女性アーティストはどれくらい存在しているのかを探ると共に、 7つの帯を同時に視認することで、彼女たちはどのような時代背景・歴史の中で位置づけられ、 語られてきたのか (また語られてこなかったのか)、現段階の状況を把握することを可能にしてくれます。

2

___________________________

『既存の歴史に個人の視点を追加する』というコンセプトのもと、「お勧めしたい / タイムラインに加えたい女性アーティスト (グループも可)」の情報を一般公募で募る。
 

この方法は、民主的な視点を持ちながら歴史と関わる試みであると共に、 個々人の関心を中心にタイムラインを制作することで、参加者独自の文脈や意味を見出すことのできる「集合知的な情報」を共有する実験的作業となっています。


一般公募で集まった情報は、最終的にTimeline Project が制作しているメインのタイムラインに追加します。現在Timeline Projectはその作業を実現すべくシステムの構築方法を模索しています。※情報は随時募集中

 
 
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2019 Timeline project. 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now